定年間近のプログラマのスキルアップの姿勢

ルーキーの頃は、定年の頃にどのようになっているかは、想像もつきません。
そのため、将来の遠いことはあまり考えず、まずは目の前の課題をクリアすることに集中します。しかし、定年を身近に控えるようになると、どのように仕事の幕引きをすべきかを考えるようになります。情報技術開発の仕事では、プログラマもいずれは定年の時期を迎えます。たとえそのような時でも、スキルアップに対しての強い意欲を持つことは大切なことです。後に続く後輩のプログラマーたちは、先を行くベテランの技術者たちの背中を見ています。

そのため、ベテランが手本となる姿を見せられなければ、後に続く技術者にとっての目標でい続ける事ができません。スキルアップへの意欲をいつまでも持つ姿勢こそが大切です。
こうして、プログラマたるもの、いつまでもソフトウェア開発のスキル向上に、強い意欲を持つ必要があることを行動で示すことにより、定年に近いベテランとしての役割を果たす事ができます。

また、最後までプログラミング技術者としての職責を果たすためにも、油断することなくスキルの限界に挑戦し続けることは大事です。
定年が近くなったからといっても、気を緩めることなく、新しいことを学び続ける姿勢を見せる事は可能です。そうすれば、ベテランのソフトウェア開発技術者としてふさわしい姿勢を保ちつつ、技術者として積み重ねてきた仕事の歴史に対して、美しい幕引きができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です